MENU

すまはぴ通信=熱中症対策=

2018年7月2日

こんにちは。

京都JR丹波口駅前  からだの職人  安田整骨院院長   安田行秀です。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今日は、健康情報 すまはぴ通信より=熱中症対策=についてお話させていただきます。

熱中症と言えば、暑い日になるイメージがとても強いですが、気温が高い日ばかりになるのではありません。

今の季節、温度差も激しく、暑さに体が慣れていない為、熱中症になりやすいのです。

熱中症の症状をご紹介しておきますので、ぜひ、チェックしてみて下さい。

熱中症の症状

吐き気や体のだるさ

体がだるくなり、ぐったりして全く力が入らない。

頭痛、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

筋肉のけいれんや筋肉痛

筋肉がピクピクと動いて、けいれんしたり硬くなる。

また手足の筋肉がつる。

こむら返りと呼ばれている症状が出たりします。

皮膚の異常や顔のほてりめまい

顔がほてったり、体温が高く、皮膚がとても熱くなる。

さらにめまいや、立ちくらみ、舌が乾いている。

体がガクガクとし、思うように歩けない

まっすぐ歩けない、などの異常があるときは重度の熱中症にかかっています。

すぐに医療機関に受診しましょう。

汗の書き方がおかしい

吹き出るように汗が出る。

もしくは全く汗をかかない。

など汗のかき方の異常は、熱中症にかかっている危険性があります。

水分補給ができない呼びかけに反応しない

呼びかけてもおかしな返答する

もしくは全然反応しない

自分で水分補給がうまくできない場合は、大変危険な状態です。

無理やり水分を飲ませることをやめ、すぐに医療機関に受診しましょう。

このような熱中症の悪化を防ぐには、日頃から、熱中症にならない体作り、心がけが大切になります。

熱中症の予防、対策について、詳しく説明していきます。

熱中症の予防・対策

暑さに負けない体力をつけておく

睡眠環境を快適にたもつ

通気性、吸収性の良い寝具を使い、扇風機やエアコンを適度に使って、より良い環境を整える。寝ている間の熱中症を防ぐ

こまめに水分を取る

水分は喉の渇きに関係なく、こまめに取るようにしましょう。

スポーツドリンクなどの、糖分や塩分を含む飲料は、汗で失われた塩分の補給にもつながり、水分の吸収がスムーズにできるため、オススメです。

ほどよく塩分を取ろう

日々の食事を通して、程良い塩分をとりましょう。大量の汗をかいた時は塩分補給をしっかりしましょう。

丈夫な体を作ろう

十分な睡眠。

バランスの良い食事。

適度な運動をし、丈夫な体を作りましょう

体調管理をしっかりして、熱中症にかかりにくい体作りをしておきましょう。

暑さに対する工夫を、日々生活の中でつけておく

気温と湿度の把握

屋内の場合は風通しを良くする扇風機や、エアコンで室温を適度に下げ、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

過度の節電や、この程度の暑さなら大丈夫と我慢する事は避けましょう。

衣服の工夫

衣服を工夫して、暑さ調節をしましょう。

麻や綿など通気性の良い生地を選んだり、下着に吸収性、速乾性のあるものを選ぶことをお勧めします。

日差しを極力避ける

帽子や日傘を使うことで、屋外に出たときの直射日光を避けましょう。

日陰を歩いたり、涼しくなってから外出をするなどの工夫をしましょう。

冷却グッズを身に付ける

最近は冷却グッズがたくさんあります。

シートやスカーフ、枕など首元の太い血管を冷やすことで、効率よく体を冷すことができます。ぜひ活用してください。

熱中症になりやすい環境にいる時には、必ず暑さから体を守る行動をとる 

炎天下での活動や空調設備の整っていない環境での作業は熱中症になりやすいです。

しっかりと身を守る行動をとることが必要です。

飲み物を持ち歩く

外出時は、必ず水筒等でいつも飲み物を持ち歩き、頻繁に水分補給をしましょう。

休憩をこまめに取る

日差しが強い、また暑さの厳しい環境で活動する際は、こまめに休息をとり、無理は絶対しないようにしましょう。

以上の対策をしっかりとって熱中症を予防しましょう。

注意をしていても熱中症になった場合は大切な3つのポイントを守り応急処置をしてください。

応急処置のポイント

涼しい場所へ移動しましょう

クーラーが効いた室内や車内に、すばやく移動しましょう。

屋外でそのような場所がない時は、風が通る日陰に移動し、安静にしましょう。

衣服を脱がし体を冷やして体温を下げましょう

体の熱を放出させるために、衣服を緩めましょう。

保冷剤や氷を使い、両側の首筋やわき、足の付け根などを冷やします。うちわで体をあおいだり皮膚に水をかけて、体を冷やすことも効果的です。

水分塩分を補給しましょう

スポーツドリンクは塩分水分を同時に補給できるので、熱中症の際には効果的な飲み物です。少しずつこまめに飲ませましょう。

嘔吐の症状が出たり意識がない場合は、誤って水分が軌道に入ることがあります。危険を伴うため、その場合は、無理やり飲ませる事は避けましょう

 

熱中症の際に、効果的な飲みものの目安は、1リットルの水に対して12g食塩を加えた食塩水です。

スポーツで失われた等分を補い、エネルギーの補給をするためには、砂糖を加えるとさらに水分や塩分の吸収が良くなります。疲労回復にも効果的ですので、手軽に作れる熱中症対策の飲み物を、ぜひご家庭でも作ってみてください。

これから、夏本番。熱さとの戦いになりますが、皆さんも熱中症には、気をつけて、素敵な夏を過ごしてください。

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事


ご予約・お問い合わせはこちらから安田整骨院スタッフブログヘルニア・ 痺れ重度の肩こり頭痛更年期障害猫背姿勢矯正

●平日 8:30〜20:30
●休日 毎週日曜・祝日

〒600-8811
京都府京都市下京区中堂寺坊城町65
パークスクエア1階
JR丹波口駅徒歩1分

詳しい道のりはこちら

© 2019 京都下京区丹波口の腰痛・痺れ専門安田整骨院 All rights reserved.