健康・栄養情報

すまはぴ通信=上手な水の飲み方=

2月 20, 2020

上手な水の飲み方

こんにちは。

京都JR丹波口駅前  からだの職人  安田整骨院院長   安田行秀です。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今日の健康情報は、すまはぴ通信より=健康になる上手な水の飲み方=

についてお話させていただきます。

前回のブログで、1日の必要な水分量についてご紹介させていただきました。

沢山の方が、必要な水分量を飲んでおられないのではないでしょうか?

私も以前は、その1人でした。

ですが以下の3点を、常に心かけるようにする事で、今では必要量を負担なく飲めるようになりました。

1.少しずつ慣らす

2.ひと口づつ

3.飲んだ量がわかるようにする

少しずつ慣らす

いきなり23リットル飲もうとチャレンジしても無理です。あっという間に挫折して終わりです。毎日コツコツ増やしていく形にしましょう。そして多くの方は水を飲んでいくとお腹がチャポチャポになると思います。

これは胃腸で水分の吸収が悪い証拠です。

水を飲み続けていくと胃腸がきれいになり、吸収も早くなります。

ひと口づつ飲む

1回に飲む量はひと口でオッケーです。

ちょびちょび回数をたくさん飲んでいきます。10分にひと口くらいで十分です。午前中だけでもこれで1リットルは飲めますよ。

逆に一気に飲んでしまうと、あっという間におしっこで、排泄されてしまいます。

飲んだ量がわかるようにする

ペットボトルがベストです。飲んだ量がわかるようにしましょう。「あとこのくらい」とか「だいぶ飲めた」とかわかりやすいのです。成果が出るとやる気も出ます。

ペットボトルの水を飲まれる場合は、衛生上コップに移して飲むようにしてくださいね。

少し心がけるだけで、体の変化があると思いますよ。

ぜひ実践してみて下さい。

よくある質問もご紹介しますので、参考にしてください。

飲む水は水道水でいいですか?

できれば水道水そのままはやめましょう。ベストは天然水。しかし金銭的なことを考えると、浄水器でろ過した水でもオッケーです。

お茶や紅茶でもいいですか?

これは✖︎。お茶などは普通に飲んでも構いませんが、23リットルお茶などを飲んでしまうと、カフェインなどの他の成分を大量にとってしまいます。かえって体に悪いことになります。水で23リットルとりましょう。

水を飲むタイミングは?良い時間はありますか?

あります。

オススメは朝起きて0.51リットル。

午前中に1リットル(ゆっくり、ちびちびと)

あとは0.51リットル喉が渇いたら、寝る前に少しだけ。

食事中はあまり飲まず、食前に飲む

これがベストです。

内臓疾患、腎臓、肝臓、循環器に病気のある方は主治医の先生に聞いてから実践してください。

次回は「健康に欠かすことのできない3つの大切なこと」の2項目「食べ物について」です。お楽しみに。

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました。

-健康・栄養情報

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.