腰の痛み

刺すような腰の痛みの原因は?鋭く痛む腰痛の理由を解説します

大半の人が経験したことのある腰痛。

疲労やストレスが溜まってしまうとだるい感じを覚え、時には痛みが出現することがあります。

痛み方や症状などは様々で、動くことで痛みが出てしまう場合もあれば、何もしていなくてもズキズキとした痛みが出てしまうこともあります。

痛み方は原因によって異なり、それぞれの特徴が存在します。中でも、刺すような痛みを感じる腰痛は特徴的でその要因はいくつか考えられます。

本記事では、刺すような腰の痛みについて解説していきます。

刺すような痛みは神経に異常がある!?

筋肉の負担や緊張状態による腰痛であれば、刺すような痛みが走ることは殆どありません。では刺すような痛みが出現するケースはどのようなケースかといえば「神経に異常をきたしているケース」です。

特に以下の3つの疾患は神経に異常をきたしやすいと言われています。

  • 帯状疱疹
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症

それでは個別に解説をしていきます。

帯状疱疹

帯状疱疹とは皮膚に湿疹が出てしまう病気のことで、痛みを伴います。原因は免疫力が低下している中でヘルペスウイルスによって引き起こされるとされています。

ヘルペスウイルスは幼少期などに水疱瘡になった人に発症します。水疱瘡になってしまうと、症状は改善しますが体内でヘルペスウイルスが生き続けてしまうのです。

正常な免疫力が働いていれば、ヘルペスウイルスは体の中で悪さをすることはありません。しかし、風邪などで体調を崩した時に免疫力が低下してしまったさいに悪さをすることがあります。

湿疹が出現する前から刺すような痛みを感じることもあるため、腰痛と勘違いしてしまうこともあります。もし、痛みのあとに湿疹が出現するようであれば帯状疱疹を疑いましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間にあるクッションの役目をしている椎間板が破けてしまうことで中の髄核という組織が飛び出た状態のことを言います。

飛び出てしまった髄核が神経を圧迫することで、主に下半身に痺れや、腰に痛みなどの症状が発生します。症状が酷い人は刺すような痛みだと表現する人もいます。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、背骨の中を通っている神経が主に靭帯の肥厚などで圧迫されてしまう疾患です。神経が圧迫されてしまうことでしびれや痛みなどの症状が出現することがあります。

脊柱管狭窄症の代表的な特徴は「間欠性跛行」です。症状は、長距離を歩くと下半身や腰周囲に痛みや疲労感が走り歩けなくなるが、少し休むとまた歩けるようになるといったものです。
分かりやすい症状のため、間欠性跛行のような症状が出た場合は脊柱管狭窄症を疑いましょう。

刺すように痛い腰痛はどこで診てもらえばいいの?

薬剤師

原因により行くべき施設がかわります。

帯状疱疹の場合は皮膚科受診しましょう。帯状疱疹は感染症のため皮膚科での治療がベストです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の疑いがある場合は整形外科がベストです。
整形外科は関節や筋肉、神経を専門的にみることが出来ますし、レントゲンやMRIなどでの画像診断を行うことが出来ます。

まず刺すような痛みが発生して、皮膚などに疱疹や異変が見られない場合は整形外科に行くことをおすすめします。

まとめ

刺すような腰の痛みには上記で紹介したような病気が隠れている可能性があります。
ひとつ言えるのは自己判断は非常に危険です。
少しでも上記に当てはまる症状を感じれば直ぐに最寄りの医療機関で検査を受けることをおすすめします。

-腰の痛み

Copyright© 安田整骨院 , 2021 All Rights Reserved.