腰の痛み

ヘルニアとぎっくり腰ってなにが違うの?原因や症状をついて詳しく解説します

突然襲われる腰の痛み。

日常生活や仕事に大きな支障を与えてしまいますよね。しかし、

「この痛みはぎっくり腰?」

「それともヘルニア?」

と、なにが原因で症状が出てしまっているかわからず不安になってしまう方も多いです。

そこで本記事では、ヘルニアをぎっくり腰の違いや症状について詳しく解説していきます。

ヘルニアとぎっくり腰の違い

ヘルニアとぎっくり腰には以下のような違いがあります。

疾患名 内容
ヘルニア 椎間板から髄核という組織が飛び出してしまった状態
ぎっくり腰 急に腰が痛くなる状態の総称

実はヘルニアは疾患名を意味する言葉ですが、ぎっくり腰は症状全般のことを指します。

詳しく解説していきましょう。

ヘルニアとは

ヘルニアとは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態。

実はヘルニアといっても様々な種類があります。臍ヘルニア・腸ヘルニア・鼠径ヘルニア・食道裂孔ヘルニアなどなど。

ちなみに本記事で解説しているのは、腰椎椎間板ヘルニアのことです。先述したように、椎間板(背骨の負担を少なくするクッションのような)が破けてしまい、髄核という組織が飛び出してしまう現象を言います。

飛び出してしまった組織が神経を圧迫することによって、痛みや痺れ、不快感が現れてしまうのです。

ぎっくり腰とは

一方でぎっくり腰とは要するに「急激に起こる痛みの総称」のことを言います。

そのため、筋肉や骨・関節・椎間板・靭帯など様々な原因があります。例えるなら、風邪のようなイメージですね。

ぎっくり腰は急激に痛みが起こるため、日常生活や仕事に大きな影響を与えてしまいます。

ヘルニアとぎっくり腰の症状の違いは?

ここからはヘルニアとぎっくり腰の症状の違いについて詳しく解説していきます。

ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアで特徴的な症状は腰やおしりなどの痛みや足の痺れです。

特にふとももやすね部分の痺れが起こりやすく、症状が悪化してくると足に力が入りづらくなったりもします。

急激に起こることもありますが、基本的には徐々に症状が起こってくることが多いです。

悪い姿勢やストレス、喫煙によって腰椎椎間板ヘルニアになってしまうリスクが増えてしまうことが多いようですね。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の特徴は急激に起こる腰の痛みです。

前かがみになったり、重たいものを持ったときなどに起こることが多いですね。

ドイツやイタリアなどでは急激に起こる腰の痛みを魔女の仕業と捉えて「魔女の一撃」と呼ばれることもあります。

ぎっくり腰の多くは筋肉の過緊張が原因であり、2〜3日経過すると痛みが少しずつ軽減することが多いです。

しかし、経験上なにもケアしないと症状が長引いたり再発率が高くなってしまうことが多いようです。

ぎっくり腰とヘルニアの予防法

ぎっくり腰と腰椎椎間板ヘルニアの予防にはいくつかの共通点があります。

主な共通点は、

  • 腰を温めて、血液循環を良くする
  • 筋力が低下しないように軽い運動を行う
  • 腰への負担を少なくするために姿勢に気をつける

です。

これらの予防法はぎっくり腰・腰椎椎間板ヘルニアどちらに対しても有効です。

ひとつずつ簡単に解説していきます。

腰を温めて、血液循環を良くする

腰を温めることで、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアの予防をすることができます。

大抵の場合、ぎっくり腰・腰椎椎間板ヘルニアを起こす方は腰の筋肉が緊張しているケースがほとんど

そのため、ゆっくり入浴したり、ホットタオルを作って直接温めることで血液循環を良くして筋肉の緊張を緩和できる可能性があります。

手軽にできる方法なので、ぜひやってみましょう。

筋力が低下しないように軽い運動を行う

腰の筋力を維持することはぎっくり腰・腰椎椎間板ヘルニアの予防につながります。

筋力が低下してしまうと、腰をサポートすることが難しくなりぎっくり腰・腰椎椎間板ヘルニアになりやすくなってしまうのです。

ちなみに運動は大変なものをやる必要がありません。おすすめは準備やお金がかからないウォーキングです。

15〜30分程度ウォーキングをおこなえば、良い運動になりますよ。

腰への負担を少なくするために姿勢に気をつける

姿勢を気をつけることも大切です。日常生活や仕事中の姿勢が悪いと、腰への負担が多くなってしまいます。

24時間姿勢を気をつけることはなかなか難しいため、1日5〜10分程度でも構いません。

継続することで腰への負担が少なくなる可能性もあるため、できる範囲でやってみることをおすすめします。

自分の症状がわからない場合はどこを受診すれば良いの?

急激な腰の痛みが起こるぎっくり腰ですが、繰り返し解説したようにぎっくり腰といっても様々な原因があります。

腰の痛みをしっかりと良くするためにはまず原因の把握が大切。自分で原因を把握することは非常に難しいため、専門機関への受診をおすすめします。

おすすめなのは、

  • 整形外科
  • 整骨院・接骨院

です。

それぞれのメリットを紹介すると、

整形外科のメリット

  • レントゲン撮影ができる
  • 医師の診察を受けられる
  • 薬が処方させる
  • 万が一、内臓疾患だった場合病院を紹介してもらえることも

整骨院・接骨院のメリット

  • 国家資格者に診てもらえる
  • 一人ひとり時間をかけて施術してもらえる

このようにそれぞれに施設でメリットがあるため、しっかりと把握した上で受診するところを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

ぎっくり腰とヘルニアは全く異なるものです。しかし、急激な腰に痛みが起こった際に自分で判断することは困難。

そのため、専門機関を受診して原因をはっきりさせた方が症状の治りは早いです。

先述したように受診をするとしたら、整形外科もしくは整骨院がおすすめ。メリットをしっかり確認した上で行ってみましょう。

ぎっくり腰でお困りの方はこちら

痛みのない生活を取り戻すために、一緒に頑張りましょう。

お急ぎの方は今すぐお電話を

今すぐ電話する!

\ WEBキャンペーン中 /

京都下京区丹波口整骨院なら腰痛・痺れ専門の安田整骨院

-腰の痛み
-

Copyright© 安田整骨院 , 2020 All Rights Reserved.