腰の痛み

ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因は?痛みが長引く理由と対処法を解説

3月 13, 2020

重たいものを持ったわけでもないのに、急激な腰の痛みに襲われるぎっくり腰。

一度、ぎっくり腰になってしまうと日常生活や仕事に大きな支障が出てしまいます。また、治ったとしてもぎっくり腰は再発しやすいと言われているため非常に厄介です。

「ぎっくり腰を早く治したい…」

「ぎっくり腰にもう二度となりたくない…」

こんな不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では以下のことを中心に解説していきます。

この記事でわかること

  • ぎっくり腰の原因
  • ぎっくり腰はどのぐらいで治るか
  • ぎっくり腰が再発してしまう理由

ぎっくり腰で悩んでいる方はぜひ、ご覧ください。

ぎっくり腰ってそもそもなに?

ぎっくり腰とは正式名称を「急性腰痛」と言い、筋肉が急激に緊張してしまうことで起こってしまう症状のこと。

ぎっくり腰の症状は「腰に感じる激しい痛み」ですが、人によって感じる痛みの強さは異なります。

例えば、痛みを感じるけれど無理すれば歩けるし仕事もできるといった方もいれば、痛みが強すぎて寝返りすら打てないという方もいます。

ちなみに通常の腰痛とぎっくり腰の違いは「筋肉がどのぐらい緊張(ハリ)しているか」です。

つまり、

  • 通常の腰痛=筋肉にハリがある
  • ぎっくり腰=筋肉がこむら返りのように痙攣するほど緊張している

と、言った違いがあるのです。

ぎっくり腰は筋肉の強い緊張(ハリ)によって起こります。痛みの程度は人によって違いますが、一度起こるとかなり痛いです…。

ぎっくり腰の原因は?

ぎっくり腰の原因は様々な要素が影響しあって起こると言われています。

例えば、

  • 慢性的な疲れ
  • 運動不足
  • 姿勢の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ

これらの要因が重なってしまい、腰の筋肉が急激に緊張してしまうことでぎっくり腰が起こってしまうのです。

また、普段腰痛がない方がぎっくり腰が起こしてしまうのは比較的稀だと言われています。

そのため、普段から腰に負担がかかりやすかったり、腰の疲労がうまく抜けていない状態だとぎっくり腰が発生してしまう可能性が高いと言えるかもしれません。

ぎっくり腰は様々要因が重なって起こります。ぎっくり腰になったら実は体が限界を迎えてしまったサインかも…。

ぎっくり腰はどのぐらいで治る?

ぎっくり腰は通常2〜3週間ほどで良くなると言われています。

2〜3週間程度経過すると筋肉を緊張させている物質が血液によって洗い流され、緊張が和らいでくる可能性が高くなるからです。時間がたつにつれて普段の動きが不安なくできるようになってきますよ。

しかし、人によっては1ヶ月経過してもまだ腰に痛みが残ってしまう方もいるようです。詳しくは後述しますが、体の歪みや疲労が蓄積し過ぎてしまい、自分の力だけでは回復が難しい場合があるのです。

そうなってしまった場合、病院や整形外科、整骨院などを受診し、ぎっくり腰の治療に専念することをおすすめします。

ぎっくり腰は2〜3週間で良くなるケースが多い。しかし、中には間違ったケアをしてしまい1ヶ月以上かかってしまう方もいます。

ぎっくり腰になったらどこに行けば良い?

ぎっくり腰になってしまった場合、以下の医療機関を受診することをおすすめします。

  • 整形外科
  • 接骨院、整骨院

ひとつずつメリット・デメリットを見ていきましょう。

整形外科

整形外科ではレントゲンなどを使って骨の状態を確認

することができます。

医師が診察してくれるため、専門的な検査を行うことができるでしょう。治療は温熱療法や電気治療、湿布などが主流です。

デメリットとしては体や骨盤の歪みなどがあった場合に対応することができない点。

基本的に整形外科では理学療法士によるマッサージやストレッチなどを受けられることはあっても、それ以上を望むことは難しいですね。

接骨院、整骨院

接骨院と整骨院は名称が違えど同じ施設のこと。国家資格を持ったスタッフが施術を行なってくれます。

レントゲンなどの検査機器はありませんが、体の動きや筋肉の硬さなどを触診して、体の状態をチェックしてくれます。

治療は温熱療法・電気治療・手技療法などが主流です。時間をとって一人ひとりに向き合ってくれるところが多いです。

デメリットは先述した通り、画像の診断ができないこと。

そのため

  • 「どうしてもレントゲンをとってほしい」
  • 「お医者さんに見てもらわないと心配」

と、いう方は接骨院・整骨院は受診しない方が良いでしょう。

整形外科では検査をしっかり行うことができます。一方、接骨院・整骨院では一人ひとりしっかり時間をとって施術する点が特徴です。

あなたのぎっくり腰が再発してしまう理由

この記事を読んでいる方の中にはぎっくり腰の痛みが長引いてしまって方もいるでしょう

なぜぎっくり腰の痛みが長引いてしまうでしょうか?

それには以下のような理由があります。

  • 体に歪みがあり筋肉が緊張したままでいる
  • ぎっくり腰の原因が腰ではなく別のところにある
  • 体に疲労が蓄積してしまい自分で回復することができない

もしも、あなたが時間が経過したにも関わらず良くならないもしくは、整形外科や整骨院で治療をしているのに症状が変わらないと悩んでいる場合、上記のような原因が考えられます。

ぎっくり腰の症状をいち早く解決するためには原因に対し適切なアプローチが必要です。

ぎっくり腰がなかなか良くならない場合、腰を緊張させ続けてしまう原因が隠れていることが多いです。

まとめ

ぎっくり腰は様々な原因が絡み合って発生します。そのため、原因は人によって異なります。つまり、一人ひとり違ったケアが必要なのです。

また、ぎっくり腰のケアを行うならできるだけ早めに実施することをおすすめします。

なぜなら、ぎっくり腰は再発しやすい症状であるため、「しばらくすれば治るだろう」と、放置をしてしまうといつかまたぎっくり腰になってしまう可能性が高まってしまうからです。

将来の自分のためにできるだけ早めに適切な対処をしてくださいね。

ちなみに当院では、ぎっくり腰の施術にも力を入れています。

チェーン店のような型にはめられた施術は行いません。あなたの原因を見つけ出し、あなただけの施術を行なっていきます。

お気軽にご相談ください。

ぎっくり腰でお困りの方はこちら

痛みのない生活を取り戻すために、一緒に頑張りましょう。

お急ぎの方は今すぐお電話を

今すぐ電話する!

\ WEBキャンペーン中 /

京都下京区丹波口整骨院なら腰痛・痺れ専門の安田整骨院

-腰の痛み
-

Copyright© 安田整骨院 , 2020 All Rights Reserved.