頭の痛み

頭痛に効く食べ物は?実は食事によっても症状の変化がある

あなたは毎日食べている食事と頭痛との間に深い関係があることはご存知でしょうか。

実は頭痛の症状はどのタイミングで何を食べるかによって変わってくることが多いのです。

実際に食事を変えたことによって頭痛の症状が軽減した人は少なくありません。

そこでこの記事では、頭痛に効く食べ物について詳しく解説していきます。

また合わせて頭痛を悪化させる可能性がある食べ物も公開していきますので興味のある方は是非最後まで読んでみてください。

頭痛に有効な食べ物は?マグネシウムが頭痛解消の鍵

野菜

頭痛に有効だと言われている食べ物はマグネシウムを多く含んでいる食品です。

代表的なところでいうとナッツ類などがマグネシウムを多く含んでいます。カシューナッツやアーモンドがそうですね。

またひじきなどの海藻や豆腐、納豆、ほうれん草などもマグネシウムが多い食品として有名です。

これらを食事中に含むことによって頭痛が軽減する可能性があります。

実は頭痛に悩んでいる方は体内のマグネシウム量が少ない傾向にあることが知られています。

マグネシウムは細胞の興奮を鎮静化させる作用があるため、体内で低下してしまうと神経が興奮状態に陥りやすくなってしまうのです。

そのため頭痛が頻繁に惚れてたわマグネシウムを積極的に摂ることで快適な毎日を過ごせるかもしれません。

頭痛を悪化させる可能性のある食べ物は?

産後6ヶ月を過ぎてからでも骨盤矯正はできますか?

反対に頭痛を悪化させる可能性がある食べ物はどんなものがあるでしょうか。

結論から言ってしまうと砂糖を多く含む食べ物は頭痛を悪化させてしまうかもしれません。

血糖が急激に上がってしまうことによって細胞に大きなダメージを与えてしまうためです。

砂糖は体のエネルギーとして使われることは有名ですが、全ての砂糖がエネルギーに変わるかといえば決してそんなことはありません。

余ってしまった砂糖は血中に漂い、脂肪細胞になったり、タンパク質と結合したりします。

タンパク質と結合すると終末糖化産物と呼ばれる正常な細胞を破壊してしまう作用のある物質に変化してしまうのです。

これが神経などを傷つけてしまい頭痛になってしまう要因のひとつだと言われています。

そのためマグネシウムを一時的に摂るとともに、砂糖を食べる量を減らすと頭痛が楽になりやすいですよ。

鎮痛剤の飲みすぎは頭痛を悪化させる?

錠剤

頭痛が継続的に続いてしまっている人は鎮痛剤を飲むことで症状を抑えているケースも多いですよね。

頭痛を感じている状態では仕事や家事に集中できないばかりか生活の質まで落ちてしまいます。

ロキソニンなどを飲むと早ければ15分程度で効果が現れるため頭痛持ちの人にとっては非常に便利な薬と言えます。

しかし鎮痛剤を飲み過ぎることをやって逆に頭痛が悪化する可能性があることをご存知でしょうか。

薬剤性頭痛というものが実際に存在し、鎮痛剤の作用に反応して症状が出現してしまうのです。

そのため、鎮痛剤を長期的に服用することはあまりお勧めできる行為ではありません。原因をしっかりとつきとめ頭痛が起こらないような身体にすることが大切といえるでしょう。

まとめ

頭痛は毎日どんなものを食べるかによって症状が変わってきます。

筋肉をほぐすことやストレッチも大切ですが、体をつくる毎日の食事も非常に重要です。

最初に取り掛かるとしたらこの記事でも紹介したマグネシウムを多く食品を積極的に食べるところから始めてみましょう。

マグネシウムを積極的に摂ることによって細胞の興奮を抑えることができ頭痛の発生頻度を減らすことができるかもしれません。

頭痛でお困りの方はこちら

痛みのない生活を取り戻すために、一緒に頑張りましょう。

お急ぎの方は今すぐお電話を

今すぐ電話する!

\ WEBキャンペーン中 /

京都下京区丹波口整骨院なら腰痛・痺れ専門の安田整骨院

-頭の痛み

Copyright© 安田整骨院 , 2021 All Rights Reserved.