更年期障害

更年期に近づくと生理周期がどうなるの?更年期のはじまりのサインとプレ更年期

更年期と呼ばれるのは閉経の前後5年間であり、一般的に45~55歳ごろの年齢のこと。この時期は女性の体に大きな変化が起こり、不調を訴えることが多くなります。

女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、自律神経や内臓などの働きがうまくいかなくなってしまうためです。

ところで本格的な更年期に入る前にプレ更年期という期間があることをご存じでしょうか?プレ更年期でも生理周期の変化や体調の変化が徐々に起こってきます。

この時期の存在をしっかりと把握することで更年期に起こる不快な症状への対処ができたり、体調コントロールのための事前準備ができるようになりますよ。

この記事では更年期になる前のプレ更年期についてや、生理周期がどのように変化してくるのかを詳しく解説していきます。

ぜひ、ご覧ください。

プレ更年期とは

プレ更年期とは、30後半~40代半ばごろに起こる更年期の前段階のことです。45~55歳の更年期ほどではないにしろ、閉経に向けて少しずつ女性ホルモンの分泌が低下していきます。

女性ホルモンや肌や粘膜、血管、脳など様々なところに影響を与えているため、30代前半では起こらなかったような悩みを感じることも多いです。

人によっては疲れを感じやすくなったり、イライラしやすくなったり、急に暑くなったり…微妙な変化のこともあるので『今までの体調とはなにか違う』と違和感を感じるケースもあります。

具体的にプレ更年期ではなにが起こっているかというと、『妊娠できる能力の低下』です。

37、38歳頃から卵子を育てる卵胞の数が急激に減少し、そして閉経を迎える50歳で消失すると言われています。

卵胞の急激な減少がスタートするのがプレ更年期であり、消失が本格的になるのが更年期といっても良いでしょう。

プレ更年期とは、妊娠できる機能低下に伴い女性の体が変化していく時期ととらえることができます。

プレ更年期に起こる症状

プレ更年期に起こる症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

箇条書きで見ていきましょう。

  • 月経周期がこれまでよりも若干短い
  • 安定していた月経周期が乱れるようになった
  • 生理に血の塊が混じるようになった
  • 生理の血が増えたり、減ったりする
  • 生理前に吹き出物がでるようになった
  • 冷え症になった、または強くなった
  • うまく睡眠がとれない
  • 以前よりも感情が不安定になった

などです。

基本的には更年期で起こる症状を軽くしたような症状が起こります

30代後半~40代前半にかけてこのような症状が起こってきた場合、もしかしたらプレ更年期かもしれません。

更年期に近づいたときに生理周期の変化

ここからはプレ更年期、更年期の時期に生理周期について詳しく解説しています。

プレ更年期での生理周期

まず30代後半~40代前半に起こるプレ更年期では生理周期が長くなったり、短くなったりします

例えば、今まで28日周だったものが25日周期になったり、35日周期になったりするのです。ただ、変化が微妙なケースも当然あるので、気が付かないことも多いです。

特にもともと生理周期が不安定気味な方は、プレ更年期での変化に気づかずそのまま更年期へと突入することもあります。

更年期での生理周期

45~55歳の時期の更年期では、徐々に生理が減ってきます。周期が非常に不安定になり、40代後半では2~3カ月に1回のペースになります。

そして50代なると、生理が完全にストップ。

1年以上生理がない状態が継続すると閉経とみなされます。

ココがポイント

女性の閉経をネガティブに考える方もいますが、実はポジティブな面も多いです。

毎月の生理による出血がなくなるため、体内で鉄が貯蔵されやすくなります。女性の健康と鉄は深い関係があるため、閉経をきっかけに元気になる方も非常に多いです。

実は体の歪みを整えても更年期の不快な症状が楽になる

プレ更年期もしくは更年期の時期に起こる不調は女性ホルモンの影響で起こります。

でも実は女性ホルモンだけでなく体や骨盤の歪みから不調になっていることも少なくありません

歪みが生じることにより、自律神経が乱れてしまうためです。もちろん体の歪みを整えるだけでは更年期障害のすべてを改善することはできません。

ただ、歪みや自律神経を整えることのよって更年期障害をうまくコントロールできる可能性もあります。

当院では、更年期障害に特化した整体を行っています。お困りの方はぜひお越しください。

まとめ

更年期やプレ更年期の時期に差し掛かると、生理周期が不安定になり、徐々にその回数が減ってきます。そして50代になると生理がストップし、閉経を迎えます。

30代後半からはじめるプレ更年期から閉経を迎えるまでの期間は15年。

非常に長い期間女性は体調の変化をコントロールしなければいけません。日々のメンテナンスも大切ですが、それでも不快な症状に悩まされることもあるでしょう。

そのようなときな専門家に頼るのもひとつの手段としておすすめです。

更年期障害でお困りの方はこちら

痛みのない生活を取り戻すために、一緒に頑張りましょう。

お急ぎの方は今すぐお電話を

今すぐ電話する!

\ WEBキャンペーン中 /

京都下京区丹波口整骨院なら腰痛・痺れ専門の安田整骨院

-更年期障害

Copyright© 安田整骨院 , 2020 All Rights Reserved.